邦画で米アカデミー賞を狙え

この記事は約1分で読めます。

『パラサイト 半地下の家族』が米アカデミー賞を4部門も取りましたね。 脚本賞、外国語映画賞、監督賞 、そして最高賞である作品賞。

外国作品でも米アカデミー賞作品賞を取れるんだね。

邦画もカンヌやヴェネツィア、ベルリンなどヨーロッパの賞だけではなく、本場米アカデミー賞を狙って欲しいな。その気になれば邦画だって・・・。

というわけで、今日は京都のTジョイへ『AI崩壊』を観に行きました。

AIに管理された10年後の日本が舞台の作品で、街中で大掛かりなロケを敢行した大作です。

最近、アイドルを起用したキラキラ作品が多かっただけに期待大。面白かったです。

大がかりな作品はそれなりに莫大な費用がかかりますが、企画次第では金をかけなくても面白い作品できるんじゃないかな。

日本の社会情勢も突っ込みどころ満載、パロったら面白いものが作れそう。

タイトルとURLをコピーしました