6月に鑑賞した作品

この記事は約4分で読めます。

6/5『るろうに剣心 最終章 The Beginning』

2021年製作 日本

剣心が人斬り抜刀斎と呼ばれていたお話。幕末が舞台。前4作とはトーンが異なる本格時代劇。桂小五郎、高杉晋作、新選組など史実の人物たちと人斬りの象徴としての剣心が絡む。純粋な心ゆえに苦しみながら人斬る剣心に心震える。
(4.0/5)

6/5『ショーン・オブ・ザ・デッド』

2004年イギリス製作 原題:Shaun of the Dead

サイモン・ペッグ 主演のコメディホラー。この頃のゾンビはまだゆっくりしか歩けないですね。それでもコメディながら残酷シーンも満載で恐怖は感じられます。
(3.3/5)

6/6『ホテル・ムンバイ』

2019年オーストラリア・インド・アメリカ 原題:Hotel Mumbai

2008年にインドのムンバイで起こった同時多発テロの際にタージマハル・ホテルで起こった顛末を劇的に描いた作品。テロ犯の容赦ない銃撃、見つかったら絶対に命がない状況で逃げ惑う客と従業員たち。リアルな描写に息を呑む。
(3.8/5)

6/8『ディヴァイン・フューリー/使者』

2019年韓国 原題:The Divine Fury

韓流版エクソシストだけど、悪魔を払う方法は神秘的なパワーと肉体的パワーを組み合わたハイブリットパワー。イケメンの パク・ソジュン に魂を奪われる女子も多いだろう。これこそ悪魔だ。
(3.3/5)

6/9『AWAKE/アウェイク』

2021年アメリカ 原題:Awake

太陽フレアの影響で人類が不眠症に。このままでは人類は滅亡。唯一眠ることができる一人娘を守るために母親が奮闘。不眠になると人間は凶暴化するのか・・・怖いね。
(3.2/5)

6/11『愛の棘』

2014年韓国 原題:가시

女子高生とイケメン教師の恋愛はよくあるシチュエーションだが、それを女子高生の異常愛として描きスリラーっぽくした作品。女子高生役のチョ・ボアがエロ可愛くていい。
(3.4/5)

6/12『事故物件 恐い間取り』

2020年松竹

事故物件住みます芸人​松原タニシの実体験を記したノンフィクションを元に亀梨和也が主演したコメディホラー。ほとんど怖くないので、亀梨のコミカルな演技、奈緒の愛くるしさに好感持てる。
(3.4/5)

6/12『ウンギョ 青い蜜』

2012年韓国 原題:은교

エロティックな作品だと思っていたけど、老人と女子高生のとても美しいラブストーリーでした。老人に恋する少女なんていないのだろうけど、老人の域に差し掛かった自分としては夢のような物語。
(3.5/5)

6/12『スティール・コールド・ウインター ~少女~』

2013年韓国 原題:Steel Cold Winter

韓国のとある村が舞台。恵まれた環境で育った青年と恵まれない環境で育った女子高生が主人公のラブサスペンス。閉鎖的な村、殺人事件、横流しなどサスペンス要素が揃った展開で韓国作品らしい予想外の展開を期待したが外れた。
(2.8/5)

6/13『ドリームキャッチャー』

2003年アメリカ 原題:Dream Catcher

スティーブンキング原作のSFホラー。2回目の鑑賞となるが、断片的な記憶しかなくほとんど初見。同じキング原作の『スタンド・バイ・ミー』『IT イット』に宇宙人ものSF仕立てにした感じの作品。評判はよくないようだが僕は好き。
(3.3/5)

6/13『アトラクション 制圧』

2017年ロシア 原題:Притяжение

ロシア産SF作品。宇宙人侵略物と思って観ていたけど、そうではなかった。ロシア美女とイケメン宇宙人との純愛物語。地球人が一番野蛮と警鐘鳴らす。なかなか良い作品でした。戦闘シーンが好きな方には不向き。
(3.4/5)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
yasuu_kusayanをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました