今度は関西圏ディスり!滋賀県も舞台となる『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』は滋賀県出身俳優も多数出演

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

魔夜峰央による漫画を原作とし、東京と埼玉の対立をパロディ化して大ヒットしたコメディ映画『翔んで埼玉』。

続編が’23年11月23日に劇場公開されます。タイトルは『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』。なんと関西、それも琵琶湖がサブタイトルに含まれ、大阪と京都、滋賀、和歌山どの近隣県の対立も描かれるようです。

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』特報/11月23日ROADSHOW
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

首都東京と近隣県の対立があるように副首都?大阪と近隣県の対立もある

東京と近隣県の埼玉、神奈川、千葉、茨城で感情的対立があるように、関西圏でも大阪を中心に京都、滋賀、和歌山、兵庫、奈良での感情的対立があります。中でも滋賀県は県名より琵琶湖の印象が強いです。そのため、近隣府県からディスられることが多く、滋賀県民は対抗策として、「琵琶湖の水止めたたろか」と捨て台詞で返したりします。

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』の予告映像の中でも麻実麗を演じるGACKTが「琵琶湖の水を止める」と呟くシーンがあります。

滋賀の貴公子演じる杏を中心に滋賀県出身メンバーが活躍

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』に登場するメインキャストのひとりとして、滋賀の貴公子役で杏の出演がアナウンスされましたが、続いて滋賀開放戦線メンバーとして滋賀県出身俳優の堀田真由、くっきー!(「野性爆弾」)、高橋メアリージュン、津田篤宏(「ダイアン」)の出演がアナウンスされました。

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』キャラクター動画第2弾

8月16日に公開された予告映像第二弾には京都で舞妓に扮して暗躍する滋賀開放戦線メンバーの近江美湖を演じる堀田真由の映像が映し出されています。白塗りの化粧に太い眉、容姿でも京都の舞妓さんを茶化しているように見えますね。


『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』の劇場公開は11月23日(木)勤労感謝の日で祝日です。ぜひ劇場で関西圏および滋賀県をディスった本作をご鑑賞ください。

▼『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』オフシャルサイト

映画『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』公式サイト
全世界を席巻した<壮大な茶番劇>まさかの第Ⅱ章、開幕。今度は東西対決!関西の皆様 飛び火してすんまへん。埼玉の皆様 続編でもディスってゴメンなさい。11月23日(木・祝)ROADSHOW!

前作『翔んで埼玉』を見放題鑑賞できるVOD

前作『翔んで埼玉』はNetflix、Amazon Prime、U-NEXTで見放題鑑賞できます。

▼Amazon Prime Videoで見放題鑑賞


翔んで埼玉

▼U-NEXTで見放題鑑賞

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画邦画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kusayan.comをフォローする
スポンサーリンク
映画ブログ kusayan.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました