1999年SFパロディの傑作『ギャラクシークエスト』ってどんな作品?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

映画「ギャラクシークエスト」は、1999年に公開されたSFコメディ映画です。主演はティム・アレン、シガニー・ウィーバー、アラン・リックマンなどです。この映画は、かつて人気だったSFテレビドラマ「ギャラクシークエスト」の出演者たちが、実際に宇宙船に乗ってエイリアンと戦うことになるというストーリーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ギャラクシークエスト」あらすじ

「ギャラクシークエスト」の主役だったジェイソン・ネスミス(ティム・アレン)は、現在はコンベンションやスーパーの開店式などでファンにサインをするだけの日々を送っています。他の出演者たちも同じように仕事に恵まれず、ジェイソンに不満を持っています。そんなある日、ジェイソンは自分を「テルミアン」と名乗るエイリアンから助けを求められます。ジェイソンはこれもファンのイベントだと思い込み、快く引き受けます。しかし、彼が連れて行かれたのは本物の宇宙船でした。テルミアンは「ギャラクシークエスト」を歴史的記録だと信じており、そのまま宇宙船を作り上げていました。彼らは邪悪なエイリアン・サリスとの戦争に巻き込まれており、ジェイソンたちに救世主として期待していました。

ジェイソンは驚きと恐怖に陥りますが、やがて自分の役割に乗り出します。彼は他の出演者たちも呼び寄せて、テルミアンと協力してサリスと戦うことにします。しかし、彼らは演技しかできないことが次々と露呈し、危機に陥ります。一方、地球では「ギャラクシークエスト」の熱狂的なファンである少年ブランドン(ジャスティン・ロング)が、宇宙船からの通信を受け取ります。彼は自分の知識を活かしてジェイソンたちをサポートすることになります。

果たしてジェイソンたちはサリスを倒し、テルミアンを救うことができるのでしょうか?そして彼らは無事に地球に帰ることができるのでしょうか?

Galaxy Quest (1999) Trailer

映画「ギャラクシークエスト」は、SFファンや俳優たちの心情をユーモラスに描いた作品です。パロディやオマージュが満載でありながらも、本格的なSF映画としても楽しめます。登場人物たちの成長や友情も感動的です。この映画は多くの批評家や観客から高い評価を得ており、カルト的な人気を誇っています。

「ギャラクシークエスト」見どころ

まず、見どころの一つは、キャストです。主役のジェイソン・ネスミス役は、トム・ハンクスやブルース・ウィリスと並ぶアクションスターのティム・アレン。彼は、自分が演じたキャプテン・タガートと同じくらい勇敢でカリスマ的だと思い込んでいるが、実際には自己中心的で傲慢な俳優という役柄を見事に演じています。また、彼の相棒であるサイエンスオフィサーのグウェン・デマルコ役は、シグニー・ウィーバー。彼女は、「エイリアン」シリーズで有名な女優ですが、この映画では、ドラマでは知的で冷静な役柄だったのに、実際には頭の悪いお色気担当というギャップを楽しませてくれます。その他にも、アラン・リックマンやサム・ロックウェルなど、豪華な俳優陣が揃っています。

次に、見どころの二つ目は、笑いです。この映画は、SFドラマや映画のお約束や cliché を次々とパロディ化していきます。例えば、ドラマでは常に正しい情報を提供していたコンピューターが、実際には何もわからないという場面や、ドラマでは必ず生き残っていたレッドシャツ(赤服)が、実際には最初に死んでしまうという場面などです。また、宇宙人や宇宙船などの特殊効果もあえて安っぽく作られており、それが逆にコミカルな雰囲気を醸し出しています。

最後に、見どころの三つ目は、感動です。この映画は、ただ笑わせるだけではなく、登場人物たちの成長や友情を描いています。特に、ジェイソン・ネスミスは、自分が演じたキャプテン・タガートと同じくらい勇敢でカリスマ的だと思い込んでいたが、実際には自己中心的で傲慢な俳優という役柄を見事に演じています。しかし、宇宙人たちから本物の英雄として慕われるうちに、自分の過ちに気づき、仲間たちと協力して敵と戦う姿は感動的です。また、ドラマのファンである少年が助けになるという展開も、SFファンなら共感できるでしょう。

以上、映画「ギャラクシークエスト」の見どころをご紹介しました。

「ギャラクシークエスト」出演者と主な出演作品

「ギャラクシークエスト」の主要な出演者は以下の通りです。

ジェイソン・ネスミス役 – ティム・アレン
グウェニ役 – シガニー・ウィーバー
アレクサンダー・デイン役 – マイケル・ゲインズバーグ
フレッド・キャプタン役 – ダリル・ミッチェル
トミー・ウェバー役 – トニー・シャルーブ
ラリー・ファインズウィック役 – サム・ロックウェル
ドクター・レイガン役 – ミシェル・ノード
チェン役 – リン・シュウエン
ジミー・“ティーン・イドル”・ルイス役 – ジャスティン・ロング
マシュー・スタイン役 – ブランドン・キャラー
ジャスティン・キャスター役 – ジェレミー・デイビス
また、他にも多くの俳優や女優が脇役やカメオ出演しています。

以下は「ギャラクシークエスト」の主な出演者たちが出演した代表的な作品です。

ティム・アレン:「トイ・ストーリー」シリーズ、TVシリーズ「ホーム・インプルーブメント」
シガニー・ウィーバー:「エイリアン」シリーズ、「ゴーストバスターズ」シリーズ
アラン・リックマン:「ダイ・ハード」、「ハリー・ポッター」シリーズ
マイケル・ゲインズバーグ:「エアフォース・ワン」、「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」
ダリル・ミッチェル:「マッド・シティ」、「ブルックリン物語」
トニー・シャルーブ:「スパイダーマン2」、「ハンナとその姉妹」
サム・ロックウェル:「ムーン」、「スリー・ビルボード」、「アイ, トーニャ」
ミシェル・ノード:「ブラインドサイド/家族のカタチ」、「ブライド・ウォーズ」
リン・シュウエン:「ラッシュアワー2」「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」
ジャスティン・ロング:「ダイ・ハード4.0」、「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」
ブランドン・キャラー:「スクール・オブ・ロック」、「地獄でなぜ悪い」
上記はあくまでも代表的な作品であり、それぞれが多数の映画やドラマに出演しています。

1999年に公開されたヒット作品

ギャラクシークエスト」が公開された1999年は、SF映画の名作が多数公開された年として知られています。以下は、同じ年代の代表的なSF映画のいくつかです。

「マトリックス」 – キアヌ・リーブス主演の革新的なアクションSF映画。
「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」 – ジョージ・ルーカス監督による、スター・ウォーズ・プリクエル三部作の第1作。
「メタルヘッド」 – アントニオ・バンデラス主演のサイバーパンクSFアクション映画。
「13日の金曜日 PART10 X ジェイソンVSエイリアン」 – 特異なクロスオーバーとして知られる、ジェイソン・ボーヒーズとエイリアンの対決を描いた映画。
「スターシップ・トゥルーパーズ」 – ポール・バーホーベン監督による、地球を脅かす宇宙昆虫と人類の戦いを描いたSFアクション映画。
「ブレードランナー:ザ・ファイナル・カット」 – リドリー・スコット監督による、ロボットたちと人類との関係を描いたサイエンスフィクション映画の傑作。
他にも、1999年には「ウルトラマンティガ」「サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER」「トランスフォーマー ビーストウォーズ」など、SFアニメや特撮作品も多数公開されました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SF映画洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kusayan.comをフォローする
スポンサーリンク
映画ブログ kusayan.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました