007シリーズ全24作をWOWOWで放送、BD-Rに保存してビデオコレクションにしたい

007シリーズ最新作は『007 スペクター』。

2015年劇場公開作品ですが、やっと9月にWOWOWで初放送されます。

WOWOWとしては随分遅い放送ですね。

通常なら昨年に放送されていてもおかしくないのに。

何か大人の事情でもあるのかしらね。

「007 スペクター」初放送イベントとしてシリーズ全24作放送

『007 スペクター』初放送のイベントとして、これまでの007シリーズ全24作品が一挙に放送されます。

放送タイトルと日時

9月8日(土) 『007/カジノ・ロワイヤル(2006)』
9月8日(土) 『007/慰めの報酬』
9月8日(土) 『007/スカイフォール』
9月8日(土) 『007/スペクター』
9月15日(土)『007/ドクター・ノオ』
9月15日(土)『007/ロシアより愛をこめて』
9月16日(日)『007/ゴールドフィンガー』
9月16日(日)『007/サンダーボール作戦』
9月22日(土)『007は二度死ぬ』
9月22日(土)『女王陛下の007』
9月23日(日・祝)『007/ダイヤモンドは永遠に』
9月23日(日・祝)『007/死ぬのは奴らだ』
9月29日(土)『007/黄金銃を持つ男』
9月29日(土)『007/私を愛したスパイ』
9月30日(日)『007/ムーンレイカー』
9月30日(日)『007/ユア・アイズ・オンリー』
10月6日(土)『007/オクトパシー』
10月6日(土)『007/美しき獲物たち』
10月7日(日)『007/リビング・デイライツ』
10月7日(日)『007/消されたライセンス』
10月13日(土)『007/ゴールデンアイ』
10月13日(土)『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』
10月14日(日)『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』
10月14日(日)『007/ダイ・アナザー・デイ』

9月と10月の二か月に渡って放送で、吹替版も同時期に放送されます。

ジェームズ・ボンドを演じた役者は7人

007シリーズを公開順にすると、以下のようになります。

タイトル 公開年 主演
第1作 007 ドクター・ノオ 1962年 ショーン・コネリー
第2作 007 ロシアより愛をこめて 1963年 ショーン・コネリー
第3作 007 ゴールドフィンガー 1964年 ショーン・コネリー
第4作 007 サンダーボール作戦 1965年 ショーン・コネリー
第5作 007は二度死ぬ 1967年 ショーン・コネリー
第6作 女王陛下の007 1969年 ジョージ・レーゼンビー
第7作 007 ダイヤモンドは永遠に 1971年 ショーン・コネリー
第8作 007 死ぬのは奴らだ 1973年 ロジャー・ムーア
第9作 007 黄金銃を持つ男 1974年 ロジャー・ムーア
第10作 007 私を愛したスパイ 1977年 ロジャー・ムーア
第11作 007 ムーンレイカー 1979年 ロジャー・ムーア
第12作 007 ユア・アイズ・オンリー 1981年 ロジャー・ムーア
第13作 007 オクトパシー 1983年 ロジャー・ムーア
第14作 007 美しき獲物たち 1985年 ロジャー・ムーア
第15作 007 リビング・デイライツ 1987年 ティモシー・ダルトン
第16作 007 消されたライセンス 1989年 ティモシー・ダルトン
第17作 007 ゴールデンアイ 1995年 ピアース・ブロスナン
第18作 007 トゥモロー・ネバー・ダイ 1997年 ピアース・ブロスナン
第19作 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ 1999年 ピアース・ブロスナン
第20作 007 ダイ・アナザー・デイ 2002年 ピアース・ブロスナン
第21作 007 カジノ・ロワイヤル 2006年 ダニエル・クレイグ
第22作 007 慰めの報酬 2008年 ダニエル・クレイグ
第23作 007 スカイフォール 2012年 ダニエル・クレイグ
第24作 007 スペクター 2015年 ダニエル・クレイグ

主役のイギリス諜報部員であるジェームズ・ボンドを演じたのは初代・ショーン・コネリーから始まって、ジョージ・レ-ゼンビー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナン、ダニエル・クレイグの7名。

007シリーズはイオン・プロダクションが製作していましたが、イオン・プロダクションが製作していない番外編があります。

ピーター・セラーズがボンドを演じた『007 カジノロワイヤル』(1967年)、ショーン・コネリーが復帰した『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(1983年)の2作品です。

『ネバーセイ・ネバーアゲイン』も9/9にWOWOWで放送されます。

『007 カジノロワイヤル』は2006年にダニエル・クレイグ主演でも製作されていますが、1967年版は原作小説第一作目ではありましたが、イオン・プロダクションは版権を押えることができませんでした。

ソニーが版権を持っていたMGMを買収したことで、やっとイオン・プロダクションで製作できるようになりました。

WOWOWは録画ができるし、ブルーレイに保存もできる

WOWOWは1回だけ録画ができます。

またブルーレイにもダビングができますので、コレクションとすることができます。

ただし、コピーワンス信号が付加されているので、コピーではなく、移動となります。

例えば、ブルーレイレコーダーに録画し、それをブルーレイディスクに書き込むと、ブルーレイレコーダーからは消去されます。

なんだ1枚しか保存できないのか、と思われるかもしれませんが、ブルーレイレコーダーにチューナーが2つ付いていれば同時録画が可能となり、同じ作品を2つ保存ができます。

つまり2枚保存ができるんですよね。

でも保存版はもっときれいな映像で観たいというなら、ブルーレイコレクションを買いましょう。

About yasuu_kusayan 31 Articles
ブロガー、ライター、フォトグラファー 滋賀県大津市在住 滋賀県、京都を中心に活動中

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*