『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』WOWOWで11/24TV初放送

Star Wars

2017年12月15日に本国アメリカと日本で同時公開された『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がWOWOWで11月24日(土)にTV初放送されます。

スター・ウォーズシリーズ第8作目

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はスターウォーズシリーズの第8作目となる作品で、デイジー・リドリー演じるレイが主人公となる新三部作の2作目にあたります。

前作は2015年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』です。

スター・ウォーズシリーズを公開順に列記すると、

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 1977年
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 1980年
スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 1983年
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 1999年
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 2002年
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 2005年
スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7) 2015年
スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8) 2017年

シリーズはエピソードの4番目が最初に製作、公開されたことになります。

本シリーズは各3つのエピソード毎に3部に分かれていて、エピソード4~6がルーク・スカイウォーカーを主役とするオリジナル・トリロジー(旧3部作)、エピソード1~3がアナキン・スカイウォーカーを主役とするプリクエル・トリロジー(新3部作)、エピソード7~9がレイを主役とするシークエル・トリロジー(続3部作)と呼ばれています。

エピソード1~6まではスカイウォーカー親子を描く

新3部作プリクエル・トリロジーはまだ幼少のアナキン・スカイウォーカーがジェダイ・マスターであるクワイ=ガン・ジンに素質を見込まれ、ジェダイの騎士として成長していく過程を描いています。

旧3部作オリジナル・トリロジーはアナキン・スカイウォーカーの子供であるルーク・スカイウォーカーが自分の生い立ちに気付き、ジェダイの騎士であったオビ=ワン・“ベン”・ケノービとその師であるヨーダの指導を受け、ジェダイの騎士として成長、帝国軍と戦う過程を描いています。

ルークは帝国軍の指揮官ダース・ベイダーと戦うことになりますが、実はダース・ベイダーが実父アナキン・スカイウォーカーであり、エピソード6で父親としての愛情からルークを守る行動に出ます。

ストーリーを順に追うなら、エピソード1から6まで順番に観ていく方がいいのですが、エピソード4と1の製作年が20年以上経っていて、その間、CGを中心とした映像技術が格段に発達しています。

プリクエル・トリロジー3部作を見た後のオリジナル・トリロジー3部作はCGにおいて映像の見劣りがするのは否めません。

ただ、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』は単純明快なストーリー構成なので分かりやすく、シリーズ中で一番面白い作品だと思います。

エピソード7~のシークエル・トリロジーはエピソード6の30年後を描く

シークエル・トリロジーは先の2つの三部作から繋がる続編ではありますが、スカイウォーカー親子から女性のレイへと主役が代わります。

キャリー・フィッシャー演じるレイア姫、ハリソン・フォード演じるハン・ソロは前シリーズから継続して登場していることから前作から見続けている方でもストーリーに入りやすいです。

レイは何者?

シークエル・トリロジーから登場した新しい主役のレイはいったい何者なのか?

ルーク・スカイウォーカーとの関係は?

この謎がシークエル・トリロジー3部作のポイントとなりましょう。

エピソード7となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のラストでルーク・スカイウォーカーが登場し、エピソード8『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』へと続きます。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の「最後のジェダイ」とは?

タイトルにもなっている「最後のジェダイ」とはルーク・スカイウォーカーのことを指しています。

彼は封印していたジェダイのパワーを最大限に使って、ジェダイとしての最後の戦いに挑むのです。

ディズニー・スタジオ公式「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」MovieNEX /デジタル配信 予告編

動画URL:https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=lmKg5zg1AD4

2019年にエピソード9が公開

2019年12月にシークエル・トリロジー3部作の結末編エピソード9が公開されます。

もし、まだスター・ウォーズシリーズを観ていないなら、オリジナル・トリロジー3部作、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観ることをお勧めします。

プリクエル・トリロジーは特に観なくてもストーリーは繋がるかな。

 

WOWOWの申し込みはこちらからできます。


アマゾンで購入

About yasuu_kusayan 26 Articles
ブロガー、ライター、フォトグラファー 滋賀県大津市在住 滋賀県、京都を中心に活動中

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA