Netflix配信作品 有村架純が元風俗嬢を演じた『ちひろさん』ってどんな作品?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

2023年2月23日に劇場公開された有村架純主演の映画「ちひろさん」。Netflixでも同時配信されましたので早速、鑑賞しました。

「ちひろさん」とは、安田弘之の同名コミックを原作とした映画で、今泉力哉監督がメガホンをとりました。海辺の小さな街にあるお弁当屋さんで働く元風俗嬢のちひろと、彼女と出会う人々の孤独と癒しの物語です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ちひろさん』あらすじ

ちひろ(有村架純)は、風俗嬢の仕事を辞めて、今は海辺の小さな街にあるお弁当屋さんで働いています。

元・風俗嬢であることを隠そうとせず、ひょうひょうと生きるちひろ。彼女は、自分のことを色目で見る若い男たちも、ホームレスのおじいさんも、子どもも動物も・・・誰に対しても分け隔てなく接します。

そんなちひろの元に吸い寄せられるかのように集まる人々。彼らは皆、それぞれに孤独を抱えています。厳格な家族に息苦しさを覚え、学校の友達とも隔たりを感じる女子高生・オカジ(豊嶋花)。シングルマザーの元で、母親の愛情に飢える小学生・マコト(嶋田鉄太)。父親との確執を抱え続け、過去の父子関係に苦悩する青年・谷口(若葉竜也)。

ちひろは、そんな彼らとご飯を食べ、言葉をかけ、それぞれがそれぞれの孤独と向き合い前に進んで行けるよう、時に優しく、時に強く、背中を押していきます。そして、ちひろ自身も、幼い頃の家族との関係から、孤独を抱えたまま生きているのです。

母親の死、勤務していた風俗店の元店長・内海(リリー・フランキー)との再会、入院している弁当屋の店長の妻・多恵(風吹ジュン)との交流・・・揺れ動く日々の中、この街での出会いを通して、ちひろもまた、自らの孤独と向き合い、少しずつ変わっていきます。

『ちひろさん』本予告編 – Netflix

『ちひろさん』見どころ

この映画は、孤独と癒しの物語です。孤独は悪いことではなく、むしろ自分自身と向き合うことや自由に生きることの大切さを教えてくれます。癒しは、他人から与えられるものではなく、自分から与えるものです。

ちひろは、誰かと一緒にいることで孤独を埋めようとせず、誰かに依存することも求めることもしません。彼女は自分のペースで生きており、それが周りの人々にも良い影響を与えています。彼女は自分の心に正直であり、それが他人の心にも響きます。彼女は自分の存在そのものが癒しであり、癒される存在でもあります。

有村架純の新境地

有村架純は、今や国民的女優となった実力派ですが、本作ではこれまでにない役どころに挑戦しています。元風俗嬢であることを隠さず、自由奔放に生きるちひろは、優しさと厳しさの両方を併せ持ち、どこか陰があってひょうひょうとしています。有村はその難しい役どころを見事に演じきり、深みと軽やかさをまとって新境地を開拓しています。彼女の表情や仕草に注目してください。

今泉力哉監督の恋愛観

今泉力哉監督は、「愛がなんだ」や「街の上で」などで恋愛映画の旗手と言われていますが、本作では恋愛とは距離を置く登場人物たちの人間模様を繊細に描いています。ちひろは恋愛に興味がなく、周りの人たちもそれぞれに恋愛に対する葛藤や苦しみを抱えています。しかし、それでも彼らは互いに心を通わせたり、支え合ったりしています。今泉監督は恋愛だけが人生ではないことを教えてくれると同時に、恋愛もまた人生の一部であることを示唆しています。

食と音楽の魅力

本作は食と音楽が重要な要素となっています。ちひろが働くお弁当屋さんでは、毎日違うメニューが提供されます。そのお弁当は、「かもめ食堂」や「深夜食堂」などで日本映画を食で彩ってきた飯島奈美がフードスタイリストを務めており、見た目も味も素晴らしいものばかりです。お弁当は登場人物たちに栄養や元気を与えるだけでなく、心の慰めや絆にもなっています。食べることは生きることであり、悲しみや孤独を癒やしてくれるのだと教えてくれます。

音楽は、くるりの岸田繁さんが担当しています。岸田さんは、劇伴音楽だけでなく、主題歌として「愛の太陽」を書き下ろしています。この曲は、ちひろさんの自由で軽やかな生き方や、彼女と出会う人々の孤独や癒しを表現したメロディーと歌詞で、作品の世界観にぴったり合っています。予告編でも流れているので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Netflixドラマ映画邦画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kusayan.comをフォローする
スポンサーリンク
映画ブログ kusayan.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました