ちはやふる、かるたの聖地で茅の輪を潜って厄払い

茅の輪くぐり
茅の輪くぐり

最近神社へ行った方、本殿の前に大きな藁の輪が置いてあるのに気づきましたよね?

藁の輪は「茅の輪」と言って、年の半分を経過した6月末日に輪の中を潜って、着いた厄を落とすんです。

この儀式を「茅の輪くぐり」って呼んでいます。

茅の輪くぐり
茅の輪くぐり

年に2回ある大祓という儀式

人は日々の生活の中で、知らず知らずのうちに罪を犯し、穢れを受けています。

その穢れを払うために6月末年末の2回、大祓(おおはらえ)という儀式が神社で行われます。

6月末に行われる儀式を「夏越しの祓え」といい、本殿前に設置されたチガヤ(イネ科の草)で作られた「茅の輪」を潜ることで厄を払います。

茅の輪の正式な潜り方

調べてみると、「茅の輪くぐり」には正式な潜り方があるようです。

  1. 茅の前で礼をする。
  2. 左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回って元の位置に戻る。
  3. 茅の前で礼をする。
  4. 右足からまたいで輪をくぐり、右回りに回って元の位置に戻る。
  5. 茅の前で礼をする。
  6. 左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回って元の位置に戻る。
  7. 茅の前で礼をする。
  8. 左足からまたいで輪をくぐり、ご神前まで進み、二拝二拍手一拝の作法でお詣りする。

参拝者が多い神社だととても上記のような作法はできないと思いますが、できないからといって心配する必要はないそうです。

画像は滋賀県大津市にある近江神宮です。

コミック「ちはやふる」で「かるたの聖地」として有名となった神社で、実写映画のロケも行われました。

近所なので毎週参拝しています。

茅の輪くぐり」も毎年ここでするのですが、いつも一回潜るだけで終わりです。

 

茅の輪くぐり
茅の輪くぐり

京都では「水無月」という和菓子を食べる習慣

「夏越しの祓え」の時期には京都や近隣の滋賀県では「水無月」という和菓子を食べる習慣があります。

水無月
水無月

白のういろうに小豆を乗せ、三角形に切られた和菓子で、小豆が悪魔を払い、三角形が真夏の暑気を払うとされています。

About yasuu_kusayan 24 Articles
ブロガー、ライター、フォトグラファー 滋賀県大津市在住 滋賀県、京都を中心に活動中

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA