びわ湖学習船「うみのこ」、新旧見比べ

新型うみのこ
新型うみのこ

今年の5月にびわ湖学習船「うみのこ」の新造船が就航しました。

「うみのこ」は昭和58年から始まった「びわ湖フローティングスクール」の学習船として、滋賀県内の小学5年生が一泊二日の日程で乗船。

集団活動を通して、「環境に主体的に関わる力」や「人と豊かに関わる力」を育みます。

新造船の特徴は

・全長65m、幅12m
・4層構造から5層構造へ
・食堂面積を拡大し、食堂兼学習室に
・実験室、防災倉庫を新設
・ICT機器を導入

環境に配慮した電気推進システムを採用し、CO2などの排出量を削減しています。

設備面も充実し、水中カメラやデジタル顕微鏡、デジタル水質測定器などを設置した実験室を新設。

またLANもあるので、タブレットを使った授業も可能です。

参照:http://www.pref.shiga.lg.jp/feature/18_3/feature04/index.html

新型うみのこ
新型うみのこ

こちらは旧型「うみのこ」。4層のため平ぺったく感じます。

前面の構造が大きく違います。

旧型うみのこ
旧型うみのこ

僕は乗船したことはありませんが、子供たちはお世話になりました。

滋賀県の小学生たちはこんな素敵な船に宿泊できるのですから、本当に恵まれていますね。

About yasuu_kusayan 30 Articles
ブロガー、ライター、フォトグラファー 滋賀県大津市在住 滋賀県、京都を中心に活動中

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA