星由里子さんを偲ぶ/「モスラ対ゴジラ」

若大将シリーズのマドンナ星由里子

5月17日に女優・星由里子さんがお亡くなりになりました。74歳でした。
僕らの世代だと、彼女の出演作といえば、加山雄三さん主演作の「若大将」シリーズです。
彼女が演じるヒロイン・澄子(澄ちゃん)は当時の若者たちのアイドルでした。
僕はまだ子供でしたから、きれいなお姉さんという印象でした。

ゴジラシリーズにも出演

彼女は「若大将」シリーズと同じ東宝の看板シリーズになっていた「ゴジラ」シリーズにも出演しています。
「モスラ対ゴジラ」(1964年)三大怪獣 地球最大の決戦(1964年)ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(2000年)
の3作品です。

「モスラ対ゴジラ」は「ゴジラ」(1954年)、「ゴジラの逆襲」(1955年)、「キングコング対ゴジラ」(1962年)に続くゴジラシリーズ第4作目。
1961年に公開された「モスラ」の続編です。
星由里子さんは毎朝新聞記者助手を演じています。
彼女以外に本作に出演しているのは宝田昭さん、小泉博さん

宝田昭さんはゴジラシリーズの常連で、本作以外では
「ゴジラ」(1954年)、「怪獣大戦争」(1965年)、「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」(1966年)、「ゴジラvsモスラ」(1992年)、「ゴジラ FINAL WARS」(2004年)
の5作品。
2014年に公開されたハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」にも出演していたそうですが、残念ながらカットされています。
小泉博さんは「三大怪獣 地球最大の決戦」(1964年)、「ゴジラ対メカゴジラ」(1974年)、「ゴジラ(1984年)」、「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」(2003年) の4作品に出演。「モスラ」にも出演しています。
本作は嵐で伊勢湾の干拓地に打ち上げられたモスラのタマゴ狙ってゴジラが出現。
タマゴを護るため親モスラが飛来し、ゴジラと戦う。しかし、ゴジラの放射能光線を浴びて、親モスラ尽き果てたとき、タマゴから2匹の子モスラ(イモムシ状)が誕生。2匹が協力してゴジラを倒します。

僕は本作公開時はまだ小1だったので、劇場では観ていないと思います。併映は『蟻地獄作戦』という作品だったようで、まったく記憶がないです。
たぶんテレビ放送で観たんでしょう。当時は野球が中止になると怪獣映画を放送していましたから。
何回も観たような記憶があります。

2015年にWOWOWがゴジラシリーズ全作品をハイビジョン映像で放送しましたので、ブルーレイにダビングして保存版にしています。

舞台は名古屋

本作の舞台は名古屋がメインで、愛知県出身の僕にとってロケーションだけでも面白く鑑賞できました。
守り神である善のモスラが破壊神である悪のゴジラを倒す勧善懲悪のストーリーもなかなか面白いし、円谷英二さんによるミニュチュアを駆使した特撮も見応えがあります。
悪役のゴジラは本作で最後で、次回作「三大怪獣 地球最大の決戦」からは人間の味方となって15作目の昭和ゴジラシリーズ最終作「メカゴジラの逆襲」まで続きました。

昭和ゴジラシリーズは「モスラ対ゴジラ」までが秀逸

昭和ゴジラシリーズは「モスラ対ゴジラ」までが秀逸だと個人的には思います。
ゴジラが人間の味方になっていった「三大怪獣 地球最大の決戦」以降は子供向けになって、
ストーリーはおろか特撮、怪獣デザインも含めて徐々に陳腐化していったような気がします。

【公式】「モスラ対ゴジラ」予告

東宝の2大怪獣スター、ゴジラとモスラの初対決を描いたゴジラシリーズの第4作目。
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=S_DMKmRmdBg

About yasuu_kusayan 30 Articles
ブロガー、ライター、フォトグラファー 滋賀県大津市在住 滋賀県、京都を中心に活動中

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA