遺伝子操作によって人間の能力や運命が決められる残酷な近未来の世界を描いた1997年SF作品『ガタカ』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

1997年に公開された映画「ガタカ」は、遺伝子操作によって人間の能力や運命が決められる近未来の世界を描いたSF作品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ガタカ」の内容

主人公のヴィンセントは、自然妊娠で生まれた「不完全な」人間であり、社会から差別されています。彼は宇宙飛行士になる夢を持っていましたが、その道は遺伝子的に「完璧な」人間でなければ閉ざされていました。そこで彼は、事故で下半身不随になった「完璧な」人間のジェロームと契約し、彼の身分証明や血液、尿などを使って自分の遺伝子を偽装します。しかし、彼の夢がかなう寸前に、宇宙センターで殺人事件が起き、彼のまつげが現場に残されてしまいます。捜査が進む中、ヴィンセントは危険な状況に陥りますが、彼を追う刑事や恋人のアイリーン、ジェロームなどの人々との関係を通して、自分の存在意義や人間性を見出していきます。

映画『ガタカ』1997年公開 科学がもたらす残酷な未来を描く、名作SFサスペンス。

「ガタカ」は、遺伝子操作の倫理や人間の自由意志について問いかける作品として評価されています。特に、遺伝子的に「完璧な」人間であっても、それが幸せや成功を保証するわけではないというメッセージは強く印象に残ります。また、映画のタイトルは、「ガタカ」という言葉がDNAの塩基を表すグアニン guanine(G)、アデニン adenine(A)、チミン thymine(T)、シトシン cytosine(C)の頭文字から作られたものであることも興味深いです。映画の中では、「ガタカ」という言葉は宇宙センターの名前としても登場します。

映画「ガタカ」は、現代社会における遺伝子技術の発展や個人情報の管理などの問題とも関連づけられる作品です。私たちは、自分たちの遺伝子や身分によって自分の可能性や価値を決められることに抵抗しなければなりません。また、他者を遺伝子や身分で判断することではなく、その人間性や努力を尊重することが大切だと思います。「ガタカ」は、私たちにそうしたメッセージを伝える映画だと感じます。

「ガタカ」見どころ

この映画の見どころは、以下の3つです。

  • 遺伝子操作の倫理的問題を考えさせられるストーリー
  • ヴィンセントとジェロームの友情と協力の展開
  • 宇宙への憧れと挑戦の感動

まず、遺伝子操作の倫理的問題を考えさせられるストーリーです。この映画では、遺伝子操作によって生まれた人間は、健康で美しく才能豊かであり、社会的に優遇されます。一方、自然に生まれた人間は、病気や障害を持ちやすく、能力も低く、差別されます。このような世界では、人間は本当に幸せになれるのでしょうか?遺伝子操作は人間の自由や尊厳を奪うのではないでしょうか?この映画は、私たちにそういった問いを投げかけます。

次に、ヴィンセントとジェロームの友情と協力の展開です。ヴィンセントは、ジェロームの血液や尿や髪の毛などを使って、彼の身分を偽ります。ジェロームは、事故で下半身不随になった元スイマーであり、自分の遺伝子が無駄になったと思っています。しかし、ヴィンセントの夢を応援するうちに、彼は自分の価値を見出すようになります。二人は互いに助け合いながら、困難に立ち向かいます。この映画では、遺伝子だけではなく、人間性や努力や信頼が重要であることを示しています。

最後に、宇宙への憧れと挑戦の感動です。ヴィンセントは幼いころから宇宙飛行士になることを夢見ていました。しかし、彼は自分の遺伝子がそれを許さないと言われてきました。それでも彼は諦めずに、ジェロームの協力を得て、宇宙飛行士候補として訓練を受けます。そしてついに彼は宇宙へ旅立つことができます。この映画では、夢を追うことの素晴らしさや困難を乗り越えることの喜びを描いています。

以上が、「ガタカ」の見どころです。この映画は、遺伝子操作がもたらす未来社会を描きながらも、人間の心や夢や希望を忘れない作品です。

「ガタカ」キャスト

「ガタカ」のキャストは豪華な顔ぶれです。

主人公のヴィンセントを演じたのは、イーサン・ホークです。彼は、「ビフォア・サンライズ」「トレーニング・デイ」「ボーイフッド」などの作品で知られています。

ジェローム役には、ジュード・ロウが抜擢されました。彼は、「シャーロック・ホームズ」「グランド・ブダペスト・ホテル」「リプライス」などの作品で活躍しています。

アイリーン役には、ユマ・サーマンがキャスティングされました。彼女は、「パルプ・フィクション」「キル・ビル」「ノラ・ジョーンズの世界」などの作品で魅力を発揮しています。

ディレクター役には、アラン・アーキンが演じました。彼は、「リトル・ミス・サンシャイン」「アルゴ」「マーゴットと結婚した男」などの作品で名優として評価されています。


「ガタカ」は、遺伝子操作や人工知能などのテーマを扱ったSF映画として、高い評価を受けています。特に、遺伝子操作によって生まれた人間と自然に生まれた人間の差別や格差を描いた点が話題になりました。また、映像や音楽も美しく、雰囲気を高めています。「ガタカ」は、SF映画ファンだけでなく、社会問題や人間ドラマに興味がある人にもおすすめの作品です。

2023年8月現在「ガタカ」を見放題鑑賞できるVODはU-NEXTです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SF映画洋画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kusayan.comをフォローする
スポンサーリンク
映画ブログ kusayan.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました