SF

『アントマン&ワスプ』 ワスプの魅力とアベンジャーズとの繋がり

2018年8月31日に日本で公開された『アントマン&ワスプ』。 Blu-ray、DVDの他、VODでも鑑賞することができます。 Amazon PrimeVideoでも配信されていて契約すればすぐに鑑賞可能です。 アントマン&ワスプ (字幕版...
映画

やっぱり映画は映画館で観るのがいい?

皆さんは映画館で映画鑑賞する頻度はどれくらいですか? 僕は映画館で映画鑑賞するのは月に1回か2回くらいです。 京都駅前 Tジョイ 日曜はとても混雑しています 映画ファンとしてはかなり少ない方です。家で観ることの方がずっと多い。主にWOWOW...
映画

藤沢周平原作時代劇が面白い!秘剣あり恋あり

藤沢周平の時代小説は庶民や下級武士の哀歓を描いた抒情的な作品が多く、テレビドラマや映画化された作品も多いです。
スポンサーリンク
アクション

ロバート・パティンソンが演じる新バットマン始動!過去バットマン俳優は誰が好き?

『ジャスティスリーグ』以降、新シリーズが噂されていたバットマンですが、最新の情報ではベン・アフレックが降板し、『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソンに決まったそうです。 新シリーズでは若き日のブルース・ウェインに焦点を当てるストー...
ロケ地情報

これが老舗の実力、2019年今年も京都発時代劇が熱い!4本の作品が公開

テレビの地上波ではめっきり放送が少なくなった時代劇。 しかし、近年、BS放送やCS専門チャンネルで時代劇が復活の兆しが見えてます。 NHKBSプレミアムでは大河ドラマを中心に、時代劇の連続ドラマが定期的に制作、放送され、CSでは時代劇専門チ...
SF

アベンジャーズはどうなる?「アベンジャーズ/エンドゲーム」キャプテン・マーベル登場の最新予告映像が公開された!

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が劇場公開されて8か月が経ちました。最強のヴィランであるサノスによって地球上のの半分の生命が消されてしまい、アベンジャーズのメンバーも半分いなくなってしまいました。本作を観た方は衝撃のエンディングに...
ファンタジー

次々と実写版が公開されるディズニー作品、今年は「ダンボ」「アラジン」「ライオン・キング」、美しいリアルなCG映像に魅了される

3月29日にディズニーアニメの名作の実写版『ダンボ』が公開されます。 監督はティム・バートン。『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズ、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』などファンタジー系の作品が多い監督...
SF

ラドクリフがアン・ハサウェイがこんな作品に?名作か迷作なのかよくわからない2つの作品

最近鑑賞した中で、あの有名な俳優、女優が主役で出演しているのに、名作なのか迷作なのかよくわからない作品がありましたので紹介してみます。 ダニエル・ラドクリフがスーパーパワーを持つ水死体役に/スイス・アーミー・マン ダニエル・ラドクリフと言え...
ロケ地情報

びわ湖学習船「うみのこ」、新旧見比べ/映画『マザーレイク』にも登場

2018年5月にびわ湖学習船「うみのこ」の新造船が就航しました。 「うみのこ」は昭和58年から始まった「びわ湖フローティングスクール」の学習船として、滋賀県内の小学5年生が一泊二日の日程で乗船。 集団活動を通して、「環境に主体的に関わる力」や「人と豊かに関わる力」を育みます。
アニメ

西尾維新原作アニメ、物語シリーズを観るならまずは「傷物語」から

僕が西尾維新の物語シリーズを始めて観たのが『化物語(バケモノガタリ)』からです。 2010年12月6日からWOWOWで全15話ハイビジョン放送したときに鑑賞しました。 物語シリーズは西尾維新の小説を原作としたシリーズで、 アニメ化されている...
ロケ地情報

時代劇ロケのメッカ/滋賀県大津市坂本 日吉大社 西教寺 安楽律院

時代劇撮影が行われている京都太秦から車で1時間、琵琶湖のほとり滋賀県大津市に坂本地区があります。 大津市には時代劇ロケのメッカである三井寺がありますが、さらに北へ行った場所に坂本があります。
SF

円谷四大怪獣をハリウッドが映画化する『Godzilla: King of the Monsters』予告公開/さらに予告第二弾も公開

2014年7月に公開されたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編となる『Godzilla: King of the Monsters 』(「ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ」)の予告編が公開されました。 2019年5月に全米公開予...
ロケ地情報

江戸の風景演出には欠かせない八幡掘のロケーション

関西で撮影される映画やテレビの時代劇には必ず登場するロケ地と言えば、滋賀県近江八幡市にある八幡堀。 琵琶湖を水源とした人口の運河ですが、歴史は古く、戦国時代に豊臣秀次が八幡山に城を築いたときに整備されました。 琵琶湖と城下を繋ぐことで、人、...
SF

新プロジェクト「ULTRAMAN ARCHIVES」始動!!ウルトラシリーズの原点「ウルトラQ」を観よう!

ウルトラシリーズと言えば、ウルトラマン、ウルトラセブン・・・そして、現在のウルトラマンR/Bに続く円谷プロの看板シリーズです。 初代ウルトラマンがテレビに登場したのが1966年。 ウルトラマンは姿を変えながらも52年間続いています。 人間の...
SF

あの日に戻れ!/過去へのタイムトラベルをテーマにした5つの作品

あの日に戻れたら。 ほとんどの人が自分の人生を振り返って、こう思うことがあるでしょう。 特に年配の方々は若かった頃を振り返ることが多くなり、もしあのとき違う選択をしていたらなら、今よりきっといい人生を送れたに違いない、なんて後悔したりするの...
SF

奇怪で妙艶で不思議な魅力、SFホラー3作品

WOWOWの良いところはまったく知らない映画と出会えることです。 Hulu、Netflix、Amazonビデオに代表されるインターネットビデオオンデマンドは豊富な作品を取り揃え、いつでも好きな時間に映画鑑賞ができるという点はいいのですが、自...
アジア

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」を観たら、韓流作品「サニー 永遠の仲間たち」も観てみたい

篠原涼子と広瀬すずが共演して話題になっている『SUNNY 強い気持ち・強い愛』。 本作は2012年に日本で公開された韓流作品『サニー 永遠の仲間たち』のリメイク作品です。 WOWOWで2013年5月に放送され、BD-Rにダビングしておいたま...
ドラマ

こうの史代原作による戦争悲話「夕凪の街 桜の国」

終戦記念日ということで、『野火(2015)』、『ビルマの竪琴(1985)』に続いて、『夕凪の街 桜の国』を鑑賞しました。 以前、WOWOWで放送されたものをBD-Rにダビングしておいたままにしていた作品群のうちのひとつです。 原作はこうの史...
ドラマ

戦争映画を観る/「野火(2015)」と「ビルマの竪琴(1985)」

8月15日は今年で73回目の終戦記念日です。 WOWOWで録画しておいた『野火(2015)』、『ビルマの竪琴(1985)』を続けて鑑賞しました。 両作品とも大戦末期の東南アジア(フィリピン、ビルマ)の戦場を舞台にした作品ですが、それぞれ戦場...
テレビドラマ

実写版『るろうに剣心』シリーズも撮影 時代劇ロケのメッカ/三井寺(滋賀県大津市)

一時、衰退していた時代劇も最近になって盛んに放映されるようになってきました。 民放ではまだ少ないですが、NHKBS、有料BS、CS放送ではスペシャルドラマ以外にも連続ドラマが放送されています。 映画でも小説、コミックを原作とした大作が制作さ...
映画

『くるみ割り人形と秘密の王国』華麗なファンタージワールドをAmazon PrimeVideoで視聴しよう

2018年11月30日に公開された『くるみ割り人形と秘密の王国』が視聴できるビデオオンデマンドはAmazon PrimeVideo。 2021年1月現在では見放題対象には含まれず、追加料金が必要です。レンタルで¥299となっています。 くる...
SF

東宝 変身人間シリーズの最高傑作「ガス人間第一号」

『美女と液体人間』に続いて、東宝変身人間シリーズ3部作の第2作目『ガス人間第一号』を鑑賞しました。 過去に観たことがある作品です。 かつては地上放送で映画を流すのは結構あり、野球放送が雨で中止になった際の代替え放送は映画でした。 本多猪四郎...
SF

本多猪四郎&円谷英二コンビが作ったもうひとつの反核映画『美女と液体人間』

「変身人間シリーズ」は東宝円谷映画のもうひとつの看板作品 東宝円谷映画というと、「ゴジラシリーズ」に代表される怪獣映画が思い浮かびますが、 それだけではなく、「変身人間シリーズ」と呼ばれる怪異人間を主役とした一連の作品群があります。 第一作...
映画

アトランティスの女王を演じるアンバー・ハードが美しい「アクアマン」予告公開

昨年11月20日に劇場公開された『ジャスティスリーグ』にも登場したアクアマンの単独映画作品『アクアマン』の予告編が公開されました。 主人公アクアマンを演じるのは『ジャスティスリーグ』と同じジェイソン・モモア。 ジェイソン・モモアが演じるアク...
昭和の名作

若大将シリーズ/加山雄三と永遠のマドンナ星由里子

若大将といえば、加山雄三の代名詞 若大将を主役にした作品が若大将シリーズと呼ばれる一連の作品群です。1961年から1971年まで製作した全17作品と10年後の1981年には加山雄三芸能生活20周年記念作品として、『帰ってきた若大将』が製作さ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました